ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
浅草ギ研 BLECAST_ENV
BLE温湿度&照度センサー
BLE(Bluetooth Low Enargy)の温湿度&照度センサーモジュールです。

■Bluetooth Low Enargy (Bluetooth4.0 Smart)
次世代の低消費電力規格であるBluetooth Low Energy(Bluetooth4.0、以下BLE)の無線モジュール。
単四乾電池2本で約1年の動作が可能です。

■ブロードキャストで簡単読み取り
本センサーモジュールはアドバタイズパケットの中にセンサーデータが入っており、ブロードキャスターとして動作します。
つまり、BLEの接続操作も不要で、アドバタイズパケットを読み取るだけでセンサーデータを取り込めます。
一般的なGATTサービスの接続と比べ、非常に簡単なプログラムコードでセンサー値が読み取れます。
ページ下のサンプルプログラムの節でAndroid、iPhoneとの接続方法を詳細に解説していますので、ビギナープログラマーでも比較的簡単にIOT(Internet of Things)が実現できます。

■ID切り替え16種類
本装置は基板上のジャンパ設定でSSIDを物理的に16種類に変更することができ、狭い範囲で複数の測定を行うことができます。
BLEの個別識別はたとえばMACアドレス(BLE装置は個別に6バイトの値が割り振られている)で判断するなどもありますが、たとえばiOSの場合はMACアドレスをアプリに渡さないなどありますので、SSIDでの個体識別が確実な方法となります。

■iPhoneとの通信
従来は、Bluetooth2.xや3.x、有線通信で外部機器とiPhoneをつなぐ場合は、Apple社とMFi契約を結ぶ必要がありましたが、BLEからはこの契約は不要になりました。
iPhoneでBLEに対応しているのはiPhone4S以上になります。
よって、このモジュールはiPhone4S以上のiPhone端末であれば、自由に外部機器を作ることが可能となります。

■Androidとの通信
2013年8月からAndroidOSでもBLEの正式サポートが決まり、BLEを使える端末が出てきました。
AndroidOSでも今後BLEが普及すると思われます。


■ケース
このモジュールは通販などで入手できる、タカチのLM-100のケースに取り付けられるようになっています。
※LM-100に取り付ける場合は採光穴をあける必要があります。 また、ケース付タイプも販売しております。

■日本国内の電波法に準拠
無線装置を使用する場合はその国の法律に基づいて使う必要があり、日本国内の場合は技術基準適合証明及び認証を受けていない無線機を使うことはできません。
本モジュールは日本国内の技術基準適合証明及び認証(通称TELEC)を受けており、安心して使うことができます。


■低消費電力設計
全ての部品は低消費電力設計になっており、単四乾電池2本で約一年間の連続稼働が可能です。

詳細なスペックはメーカーページをご覧ください。
在庫拠点
秋葉原
【数量1個〜】単価 ¥6480 購入数:
管理コード:EEHD-4Z6W



データベースシステム開発