ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
【2807】ESPr Developer用9軸慣性計測ユニットシールド
STマイクロエレクトロニクスの9軸センサLSM9DS1を搭載したESPr Developer用のセンサ基板です。

LSM9DS1は、9軸慣性計測で3軸の加速度センサと3軸のジャイロセンサ、3軸の磁力センサが1つのチップ(LSM9DS1)になっています。インターフェースはI2CでESPr Developerと接続できます。

ピンヘッダは実装済みです。

仕様

・電源電圧:1.9~3.6 V
・測定レンジ
加速度:±2/±4/±6/±8/±16 g
ジャイロセンサ:±245/±500/±2000 dps
磁力センサ:±4/±8/±12/±16 gauss
・インタフェース:I2C
I2Cアドレスは基板表面のジャンパにより変更可能
・タップなどの運動検知機能搭載
・割込タイミングをプログラム可能
・低消費電力(4.6mA@2.2V)
・16ビットデータ出力
・温度センサ搭載
・FIFOバッファ搭載

2016年6月9日より「ESP-WROOM-02開発ボード」シリーズを「ESPr Developer(エスパーデベロッパー)」という名称に変更しました。
【数量1個〜】単価 ¥1730 購入数:
管理コード:EEHD-4ZXB



データベースシステム開発