ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
LSM9DS1 9軸慣性計測ユニット ピッチ変換済みモジュール
LSM9DS1を使用した、9軸慣性計測ユニット ピッチ変換済みモジュール(IMU)です。
3軸の加速度センサと3軸のジャイロセンサ、3軸の磁力センサを1つのチップ(LSM9DS1)に搭載しています。
インターフェースはI2C専用です。
基板裏面のジャンパを繋げたりすることでI2Cアドレスを変更することが出来ます。

LSM9DS0を搭載したものに比べて、磁力の測定レンジの拡大や磁力、温度への高感度化、センサ全体の低消費電力化が行われました。


仕様

・電源電圧:1.9~3.6 V
・測定レンジ
加速度:±2/±4/±6/±8/±16 g
ジャイロセンサ:±245/±500/±2000 dps
磁力センサ:±4/±8/±12/±16 gauss
・インタフェース:I2C
I2Cアドレスは基板裏面のジャンパにより変更可能
・タップなどの運動検知機能搭載
・割込タイミングをプログラム可能
・低消費電力(4.6mA@2.2V)
・16ビットデータ出力
・温度センサ搭載
・FIFOバッファ搭載

内容物
・1 x 本体基板


ジャンパー設定

SJ1:I/O電源を内部電源または外部電源から供給可能
SHORT(内部I/O電源)初期状態
OPEN (外部I/O電源)

SJ2:I2Cアドレス変更用ジャンパ


I/O電源を外部から供給する場合、1のSJ1を切断し2のランドに外部電源を供給します。I2Cのアドレスを変更する場合、3のSJ2の黄色い矢印の先を2か所切断します。

ピンヘッダは付属していません。

詳細はメーカーサイトをご覧ください。
【数量1個〜】単価 ¥1650 購入数:
管理コード:EEHD-56CJ



データベースシステム開発