ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
Pimoroni PIM213/PIM217
Pimoroni Automation HAT
ホームモニタリングやオートメーションコントローラなど、自動制御のための Raspberry Pi用 HAT です。

リレー、アナログチャンネル、パワード出力、バッファ入り入力(すべて24Vトレラント)により、ラズベリーパイに多彩なグッズを一度に取り込むことができます。

各チャンネルにはインジケータLEDが付いているので、セットアップで何が起きているかを一目でわかることができます。
アナログチャンネルでも、現在検知している値を見ることを可能にする調光LEDがあります。

スマートホーム、オートメーションプロジェクトなどに最適です。
例えば温室にインテリジェントなスプリンクラーを設置したり、魚の餌やりをスケジュールしたりなど。


特徴

3 x 24V @ 2Aリレー(NCおよびNO端子)
3 x 12ビットADC @ 0-24V
3 x 24Vトレラントバッファ入力
3 x 24Vトレラントシンク出力
15 xチャネルインジケータLED
1 x 12ビットADC @ 0-3.3V
3.5mmスクリューターミナル
電源、通信、警告用LEDインジケータ
SPI、TX(#14)、RX(#15)、#25ピン
オートメーションHATピン配置
Raspberry Pi 3/2/B+/A+/Zero/ZeroWに対応
Pythonライブラリ
ターミナル等はんだ付け済み(引き出しピンなどははんだ付けが必要)

注:
HATが押し下げられた場合、ピンがHDMIポートに接触するのを避けるために、スペーサーなどを使用することをお勧めします
バッファされた出力の負荷はグランド側、つまり12 / 24V(電源から)→負荷→出力端子→グランド(電源から)に切り替える必要があります。
リレーはそれぞれ最大2Aまで耐えることができ、ハイサイドでスイッチする必要があります
シンク出力は3つの出力の合計で最大500mAをシンクすることができます。したがって、単一のチャンネルを使用すると、500mA全体をシンクできます。
電源電圧の切り替えには使用しないでください。

※パッケージは予告なく変更になる場合があります。
※ブリスター入りと混載になる場合があります。選択はできません。
【数量1個〜】単価 ¥4054 購入数:
管理コード:EEHD-56D8



データベースシステム開発