ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
CANDY LINE Candy_Pi_Lite_Plus_S
CANDY Pi Lite+S【SoftbankSIM対応版】
「CANDY Pi Lite+ S」(キャンディパイ・ライト・プラス・エス)は、高速通信に適した「Raspberry Pi(ラズベリーパイ、またはラズパイ)」向け3G/4G LTE両対応の通信ボードです。
Softbank LTE・3G回線をご利用いただけます。


【同梱品】
・CANDY Pi Lite+ Sモデル(Softbank回線)
・ラズパイ(B+/2 Model B/3 Model B)及びASUS Tinker Board本体取り付け用スペーサーとネジ類
・アンテナセット(アンテナ2本、アンテナ接続用同軸ケーブル2本)
・USB拡張ボード((USBケーブルは付属しておりません)
・小型ユニバーサル基板
※RaspberryPiやASUS Tinker Boardは別途お買い求めください。


使用できるキャリアネットワークごとに以下の機種をご用意しています。

「CANDY Pi Lite+ D」・・・NTTドコモネットワーク向け
「CANDY Pi Lite+ S」・・・ソフトバンクネットワーク向け、本製品
どちらも、各社の3G及び4G/LTEネットワークに対応しています。

また、全地球衛星測位システム(GNSS)、GPSにも対応しています。


本製品を使用するためのソフトウェアは、「CANDY Pi Lite」と共通のものをご利用いただけます。
本製品は日本国内の技術適合証明も受けたモジュールとアンテナを同梱していますので、安心して個人利用、学校での研究・教育利用、企業等での試作用途から製品への組み込みなど事業用途まで幅広い目的でご利用いただけます。
GNSSをご利用の場合は、GPS専用のアンテナとSMA同軸ケーブルをご用意ください。

CANDYLINE社にて、以下の製品で動作を確認済みです。
・SMA-IFL10
・GPS-00464 SparkFun
下記関連リンクに掲載しておりますのでご確認ください。


CANDYLINE社にて接続を確認したSIMは以下の通りです。
【CANDY Pi Lite+ S】
・Softbank IoT/M2M SIMカード


ハードウェア仕様
・サイズ
標準使用時:65mmx56mm
付属USB拡張ボード装着時:85mmx56mm(USBケーブル接続部分は除く)

・重量:33g (基板単体のみ、スペーサー・ネジを除く)

・電源・電圧:DC 5V

・対応SIMサイズ:nano(ナノ) SIM(4FF)

・対応周波数・バンド
4G/LTE:B1/B3/B8/B41
3G:B1/B8

・通信速度
標準使用時:下り上り共に最大約460Kbps
付属USB拡張ボード使用時:下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
※いずれの通信速度も技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません

・GNSS/GPS
通信モジュールはGNSSに対応しています。GNSSのコネクターに付属のアンテナを取り付けてご利用いただけます
CANDY LINEの提供するソフトウェアには現在GNSSを利用する機能は含まれていません
(2018年5月にCANDY RED専用機能として追加予定)



シリアル接続とUSB接続の両対応

標準使用時には、Raspberry PiやASUS Tinker Boardからシリアル接続で通信モジュールを使用します。このためUSBケーブルを用いない分、コンパクトにご利用いただけます。
シリアル接続を用いた場合は、最大通信速度は技術規格上約460Kbpsとなります。

また、付属のUSB拡張ボードを使用すると写真2枚目のような形で装着することができます。この状態では、USBケーブルを利用することにより、USB接続で通信モジュールをご利用いただけます(USBケーブルは付属しておりませんのでご利用者の方にてご用意ください)。

USB接続を行なった場合の通信速度は、3G、LTEそれぞれ以下の通りです。

3Gモデル:下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps
LTEモデル:下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
※いずれの通信速度も技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。


よりスリムに、よりコンパクトに、省スペース設計
より小さく、薄く収められるように設計しました。
Raspberry Pi Zero WHやModel A+を一緒に利用すれば、よりコンパクトな運用も可能になります。
限られたスペースの機器や設備にも、これまでよりも適合しやすくしています。
さらに上に別のボードを載せても、これまでよりスリムになります。


UARTを占有しない、スマートな設計
「CANDY Pi Lite+」標準使用時のシリアル接続では、限られたUARTのピンを占有しません。
このため、すでにUARTをお使いの方やRaspberry Pi付属のBluetoothをお使いの方も、本ボードを取り付けて利用することができます。


USB拡張ボードで追加のUARTやGPIOも利用可能に

付属のUSB拡張ボードは、通信モジュールをRaspberry PiやASUS Tinker BoardとUSB接続する役割に加え、さらに追加のUARTやGPIOも提供します。

このUARTを経由して、Raspberry PiやASUS Tinker Boardから別のUART機器を接続して通信することも可能です。



本UARTを使うシリアルポートは、標準的なインストール手順だけで利用することができます。
このシリアルポートを使うための特別な設定は不要です。
ただし、USB拡張ボードに取り付けるピンは同梱していませんので、ご利用者の方にてご用意ください。


DCジャックを標準搭載
「CANDY Pi Lite+」は、DCジャックを標準搭載しています。5VのACアダプターをご利用いただけます。



ACアダプターをご利用の場合は、Raspberry PiやASUS Tinker Boardへの給電も行います。
「CANDY Pi Lite+」自体は、USB給電されたRaspberry PiやASUS Tinker Boardでも動作することは可能です。
しかし、ご利用の状況によっては電力が不足する場合もございますので、実際のご利用シーンに合わせてACアダプターをご利用するか、Raspberry PiやASUS Tinker Boardからの給電をされるかご判断ください。
<ASUS Tinker Board Sでは一部ご利用いただけません>


RASPBERRY PI専用OSイメージファイルをご用意しています
「CANDY Pi Lite+」を使うための専用イメージがダウンロード可能です。
「Etcher」などの優れたSDカード書き込みツールを使えば、5分程度でセットアップが完了します
ソラコム社製「SORACOM Air for セルラー」SIMカードをお使いであれば、ターミナルを開くことなくすぐにそのままインターネットに接続可能です。「CANDY RED」を使えば、そのままデバイスのアプリケーションも作成できてしまいます。

すでにソラコム社以外のSIMカードをお持ちの方であっても、簡単にAPN(アクセスポイント)を変更可能です。
お手持ちのWindowsやMacから、APNの設定をテキストファイルで保存するだけでOKです。
本イメージは、「CANDY Pi Lite+」の対応するすべてのRaspberry Piでご利用頂けます。


省データ通信量利用のための設定
インターネットへ接続するソフトウェアは、なるべく余計なインターネット接続を行わないように標準で設定されています。
一方でこのような設定がご利用シーンに合わない場合は、ご利用者の方が変更することが可能です。


IPV6対応
「IIJmio タイプD」、法人向け「IIJモバイルサービス/タイプI(フルMVNO)、タイプD」にてIPv6またはIPv4/IPv6デュアルスタックをご利用の場合は、IPv6ネットワークへ対応しています。
このため、これらのSIMカードを利用すると、お使いのRaspberry PiやASUS Tinker Boardにて、すぐにIPv6環境をご利用いただけます。
ただし、IIJによるIPv6サポートは、LTEに対応した端末のみとなりますので、IPv6をご利用の場合は「CANDY Pi Lite LTE」をお選びください。


外部の攻撃から守る、自動ファイヤーウォール設定
「CANDY Pi Lite+」向けのソフトウェアをインストールすると、自動的に「UFW」(Uncomplicated Firewall、簡単設定ファイヤーウォール)と呼ばれるツールを利用してファイヤーウォールを設定します。
これにより、外部からのアクセスを遮断することができるようになります。
これは、インターネット接続時にキャリア側からグローバルIPが割り当てられることがあり、外部からのRaspberry PiやASUS Tinker Boardに対するアクセスについて無防備になるおそれがあるため、アクセスを制限するような仕組みとして設定しているものです。


IOTビジュアルプログラミングツール CANDY RED
標準のインストール手順に従うと、自動的にビジュアルプログラミングツール「CANDY RED」(キャンディレッド)をご利用いただけます。
GUIデスクトップからブラウザーで、あるいはLAN/無線LAN経由でパソコンやタブレットでエディターにアクセスしてRaspberry PiやASUS Tinker Board上にプログラムを配置することができるようになります。
最初からログインが必要になっていますから、第三者によってデバイスのアプリケーションを変更されるリスクを低減させることができます。


倒れても起き上がる、WATCHDOGが標準で有効に
離れたところに置いた「CANDY Pi Lite+」が確実にオンライン状態でいられるようにするために、Raspberry PiやASUS Tinker Boardがハードウェアとして備えるウォッチドッグ機能(死活監視機能)を有効にしています。これによって、Raspberry PiやASUS Tinker Boardの可用性が著しく向上します。
これまでの運用でも、電源を外してしまった状況以外では設置した「CANDY Pi Lite+」がオフラインになってしまうことはありませんでした。

・TinkerBoard及びRaspberryPiは別売です。
在庫拠点
秋葉原
大阪
【数量1個〜】単価 ¥20498 購入数:
管理コード:EEHD-58P3



データベースシステム開発