ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
SparkFun DEV-15165
SparkFun Qwiic MP3 Trigger
SDカードに記録したMP3をトリガーに応じて再生可能です。
簡単なI2Cコマンドを送りMicroSDカードにあるものは何でも聞くことができます。

Qwiicシステムを利用することでハンダ付けは必要としません。
ブレッドボードを使用する場合に備えて0.1インチ間隔のピンホールを用意しています。

USB-CケーブルがQwiic MP3 Triggerに接続されると、microSDカードの内容はジャンプドライブとして表示されます。
Qwiic MP3 Triggerを接続するだけでMP3を転送できます。
ドライバは不要でWAVやVorbisの変換も不要です。

音声出力は3.5mmヘッドフォンジャックまたはpoke-homeコネクタを介して提供され、外部スピーカーをはんだ付けせずに接続できます。

最大1.4Wまで出力可能なD級モノラルアンプによって増強され、信じられないほど大音量にすることができます。

音量は32レベルの間でソフトウェアで選択可能で、またイコライゼーションを調整することができます。
任意のプログラミングでは4つのトリガピンがあります。
ピン3がLowに引き下げられると、T003.mp3ファイルがすぐに再生されます。
これにより、ボタンを押すだけで効果音の再生を開始できます。
複数のピンを同時に引き下げることで、4つのトリガーで最大10トラック(T001からT010まで)を再生できます。

音量、EQ、I2Cアドレスを含むすべての設定はNVMに保存され、電源を入れるたびに読み込まれます。
Qwiic MP3 Trigger のI2Cアドレスは、ハンダジャンパーで変更することも、ソフトウェアコマンドを使用して割り当てることもできます。
複数のQwiic MP3 Triggerを1つのバスにチェーン接続して同時にトラックをミキシングしてトリガーすることができます。


I2CでのMP3再生を簡単にするためにArduinoのライブラリがメーカーで用意されています。
トラックの再生、音量の変更、次/前の再生、トラックが再生中かどうかの確認、再生の停止、EQの変更、およびI2Cアドレスの変更はすべてサポートされています。


特徴

・動作電圧:3.3V
・消費電流:
40mAスタンバイ
任意の音量レベルでヘッドフォンで再生すると40mA
フルボリューム設定で外部8Ωスピーカーを駆動する場合は150mA〜300mA
・microSDは128MBから32GBのカードをサポートします
・音量、EQ設定、およびI2Cアドレス設定は不揮発性メモリに保存され、電源を入れるたびに読み込まれます
・WT2003S MP3デコーダICはmicroSDソケット(最大32GB)へのUSBアクセスとMP3デコードを提供
・ATtiny84はI2Cコマンドを受け取り、MP3デコーダを制御します
・poke-homeコネクタにより、はんだ付けなしで頑丈で一時的なスピーカー接続が可能
・ピン1、2、3、および4をトリガします。ピン1 + 4が同時にLowに引き下げられるとT005.mp3が再生されます。
・TPA2005D1ベースの1.4W D級モノラルアンプ内蔵
・I2Cアドレス0x37(デフォルト)と0x38の間で選択するためのアドレスジャンパ。I2Cアドレスはソフトウェアを介して110個の異なるアドレスの1つに設定することもできます。
・USB-Cコネクタ
・Qwiicコネクタ



▽ Qwiicシステムとは

Qwiicシステムには、I2Cのセンサ、アクチュエーター、シールドとケーブルが全て揃っているので、プロトタイプがより迅速かつ簡単にできます。

また、全てのQwiicボードには1 mmピッチ、4ピンのJSTコネクタを使用しているため、小さく収まり、かつ分極化しているため、接続を誤ることもありません。

【数量1個〜】単価 ¥2500 購入数:
管理コード:EEHD-5EP7



データベースシステム開発