ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
a bit better circuit ABB-ESP32-CV-L
ESP-WROOM-32 ピッチ変換基板 ロング
全ピンにアクセス可能なESP-WROOM-32用ピッチ変換基板です。
ESP-WROOM-32 の 1.27 ピッチから、扱いやすい 2.54 ピッチへ変換します。
全てのピンへのアクセスを確保しつつ、普通のブレッドボードを使用する際も左右1列ずつ利用出来るので、プロトタイピングに便利です。


ESP-WROOM-32 の開発・運用で、こんな問題はありませんか
・ブレッドボードを使って素早くプロトを作りたいけれど、ブレッドボードに上手く収まらない
・開発ボードで動作確認は完了。運用実験の為のプロトを作りたいけれど、開発ボードでは大きすぎる
・開発ボードには Firmware 書き換え等、運用には不要な機能があるので、やはり大きくなってしまう

ESP-WROOM-32 は小さなモジュールの中に、パワフルなCPU、Wifi、Bluetooth を内蔵しています。
その小ささを活かして、開発やプロトタイプのためのモジュールを構成したい、という声が多くあります。

"ESP-WROOM-32 ピッチ変換基板 ロング" は 小さいながら たっぷり実装出来るピッチ変換基板 です

・10 x 18 ピンサイズに収めました。普通のブレッドボードでも、左右1列を利用出来ます
ブレッドボードを複数枚用意しなくても、素早く開発に着手出来ます。

・プロトタイプを小型化出来ます
10 x 18ピン のユニバーサル基板に搭載すれば、180ピンに部品をマウント出来ます。
ESP-WROOM-32 に 36 ピン、電源に 20ピン 程度利用しても、120ピン以上に機能実装可能です。
また、それほどピン数が必要ない場合は、さらに小さいユニバーサル基板で収められます。

・プロトタイプを、必要な部品のみで構成出来ます
例えば、シリアル通信による Firmware の書き込みは、運用時には不要です。
これらの部品を除き、必要な部品のみでプロトを構成することで、省サイズ、省コストを実現出来ます。

・全てのピンを引き出しているので、ESP-WROOM-32 の全ての機能を活用出来ます
小さいですが、全てのピンへのアクセスを確保しています。
このピンを使いたかったのに引き出されていない、、、ということがありません。

・はんだ付けが必要です
1.27 ピッチの細かなはんだ付けが必要です。
はんだ付けに自信のない方は、覚悟を持ってご購入ください。

・基板のみです
ESP-WROOM-32 本体やピンヘッダ等は、別途ご用意ください。

・小ささを追求するため、スルーホールの不要な部分をカットしています
写真のように、スルーホールを一部カットしています。
はんだ付けや、導電性には問題ありません。
在庫拠点
秋葉原
大阪
ラジデパ
【数量1個〜】単価 ¥290 購入数:
管理コード:EEHD-5F78



データベースシステム開発