ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
Raspberry Pi SC0889
Raspberry Pi Debug Probe
RP2040を搭載したArmベースのマイクロコントローラ用の完全なデバッグ・ハードウェア・ソリューションです。

USB-2線シリアルデバッグブリッジとUSB-UARTブリッジを備えたデバッグプローブは、Raspberry Pi Picoなどのデバイスを、PC、Mac、一般的なLinuxコンピュータなどのさまざまなホストプラットフォームで簡単に使用することを可能にします。


Raspberry Pi Debug Probeは、ハンダレスで簡単にプラグアンドプレイデバッグを行うために必要なハードウェアとケーブルをすべて提供するオールインワンUSB-to-Debugキットです。

プロセッサのシリアルデバッグインターフェース(デフォルトではArm Serial Wire Debugインターフェースですが、他のインターフェースもサポート可能です)と業界標準のUARTインターフェースの両方を搭載しています。
どちらのインターフェースも、Raspberry Pi 3-pin Debug Connector Specificationに記載されているように、Raspberry Pi 3-pin デバッグコネクタを使用します。

Raspberry Pi Debug Probeは、プラスチックケースに入ったDebug Probeハードウェアと、USBケーブル、3種類のデバッグケーブルからなるキットで、デバッグの使用例の大部分をカバーします。
Windows、Mac、一般的なLinuxコンピュータなど、PicoのシリアルUARTやSWDポートに直接接続するためのGPIOヘッダーを持たないホストプラットフォームで、Raspberry Pi PicoとRP2040のデバッグとプログラミングを簡単に行えるように設計されています。

Raspberry Pi製品用に設計されていますが、Debug ProbeはUSB経由で標準的なUARTとCMSIS-DAPインターフェースを提供するので、3V3 I/O のSWDポートを提供するArmベースのマイクロコントローラのデバッグにも使用でき、さらにUSB-UARTケーブルとして使用することも可能です。
OpenOCDやCMSIS-DAPをサポートする他のツールで動作します。

Debug Probeは、Raspberry Pi Picoハードウェアをベースに、オープンソースのRaspberry Pi Picoprobeソフトウェアを実行します。
ファームウェアはRaspberry Pi Picoのファームウェアと同じ方法で更新されるため、本体を最新のファームウェアに更新することや、カスタムファームウェアを使用することが容易にできます。


■ 仕様
フォームファクター:22mm×32mm
USB-2線式シリアルデバッグブリッジ(Arm Serial Wire Debugはデフォルトでサポートされています。)
USB to UARTブリッジ
CMSIS-DAP規格に対応しています。
CMSIS-DAPをサポートするOpenOCDやその他のツールと連携する。
Raspberry Pi 3ピンデバッグコネクタ仕様に準拠
高品質な透明プラスチックケースを付属
USBケーブルと3本のデバッグケーブルが付属しています。3ピンJSTコネクタ-3ピンJSTコネクタケーブル、3ピンJSTコネクタ-0.1インチヘッダー(メス)、3ピンJSTコネクタ-0.1インチヘッダー(オス)
公称入出力電圧:3.3V

◎値引対象外商品 秋葉原本店取扱フロア:1階

【数量1個〜】単価 ¥2300 購入数:
管理コード:EEHD-65BL